Joomla!

スワヒリ語のJumlaが語源で"一斉に、全体として"という意味

ホームページをじゅーむら!で進化させる

ホームページを
じゅーむら!で進化させる

ページ数が少ない程、高機能が要求されるホームページ構築ができてますか?
いま閲覧しているWebページ、コンテンツ全てはじゅーむら!で作成、製作、構築されております。このジュームラ!の高機能なCMSを、次はあなたが活用できる様にサポートを始めました。

もし何故?Joomla!と感じるならJoomla!の世界をみてください。
Joomla! - Open Source Content Management

レボリューション感じるから・じゅーむら!

2005年9月頃、Mamboから派生し公開されたJoomla!はレボリューション多きCMS。日本国内ではJoomla!1.X, Joomla!2.X迄はマニュアル本を見かける位利用者も居たが、Joomla!3.X辺りから徐々に減少。しかし国内で利用が減少しても海外では熱き者達がJoomla!の進化させていく。

Alaudae.JPも1つのCMSに特化させたいと考えた時期。Joomla!2.X~3.X頃に良さに気付き、選択するも国内利用が少なく、得る情報の多くが英語からで一度躊躇しています。けど理想に近いのはJoomla!と知り、敢えてJoomla!に特化させチャレンジしてます。
しかしJoomla!に特化させて良かったのか、まだ明確な答えはでません。日本語未対応の機能を解決するために大嫌いな英語を苦労して覚えるのが必須なので。でも、これは知り得なかった知識で補えるから善しと捉えてます。だから今ではJoomla!4.Xへのバージョンアップが楽しみで期待できる感情を得ています。
今の仕様Joomla!3.9.Xは進化の過程。ならばJoomla!4.Xへ期待するなら、Joomla!4.Xで完成形と思うも、それも違うと感じています。Joomla!4.Xでスタート位置についた感じで、これからどのような進化を遂げるか、ワクワク感が止まりません。
エクステンションなどは、昨日アップデートしたのに、翌日アップデートなど続くのは当たり前な状況。
やはりセキュリティーホールで貧弱さを露呈した影響でしょう。良い感じのエクステンションはアップデート頻度が多い感じがします。まぁ、アップデート頻度多いから安全性重視かは、最後は個々の判断になりますけどね。
けどセキュリティー重視は大事なことなので、もしアップデート多いことを嫌がるならJoomla!の利用はお薦めいたしません。

ありふれるホームページで終わるか、革命的進化したホームページなるかは今後のJoomla!次第です。

Joomla!とは何だろう?

公式Joomla!のYouTube動画
検索エンジンに優しい

検索エンジンに優しい

はじめから強力なSEO機能が組み込まれて、即使えます
レスポンシブ

レスポンシブ

完璧なレスポンシブデザインにブートストラップを使用
WYSIWYGエディタ

WYSIWYGエディタ

コードを知らなくてもコンテンツを編集できます
安定したコアと拡張性

安定したコアと拡張性

ニーズに合わせ拡大や縮小と管理設定することが可能です
簡単なコアアップデート

簡単なコアアップデート

1クリックで最新の状態にアップデートできます
多言語対応

多言語対応

標準でも多言語でWebサイトを作成することが可能
永遠に無料

永遠に無料

Joomla!のGPLの下で自由に無料で使用できます
堅牢性を考慮して設計

堅牢性を考慮して設計

悪用が広く知られる前にパッチをリリースすることで高い評価
まだまだ沢山あります

まだまだ沢山あります

あり過ぎて伝えきれませんので使用して確認ください
Web構築プラン - Alaudae.JP
Webサイトで何を求めるか?Joomla!で感じてください!